派遣でも年次有給休暇って取れるの?

 

派遣労働者だからといって、労働基準法の適用外になることはなく、年次有給休暇を取得する権利があります。

 

 

gazou

実は私、派遣社員には有給休暇ってもらえないのかと思っていました。もう●年前の話ですが・・(笑)

 

でもそんなことはありません。派遣でも年次有給休暇を取得できます。

 

ただし、有給休暇の義務を負うのは、派遣先の会社と労働契約を結んでいる派遣会社であり、有給休暇の申請、承諾は派遣会社が判断することになります。

 

また、派遣会社が労働者の休暇など事情の正常な運営の妨害になるかどうか、ということを派遣先の会社と調整して決定しなければなりません。

 

ですから申請しても認められないということも考えられますね。当然ですが。

 

派遣元の事業について判断し、場合によっては、代替要員の派遣も含めて判断することが必要になるといえるでしょう。また、普段から派遣先の会社や派遣会社で奨励して、計画取得などで年次有給休暇を取得できるようなケースもあります。

 

年次有給休暇の取得の例としては、まずは労働者が派遣先の会社に有給の取得を指定します。このときは、従業員が日を指定することになり、理由は問われることがありません。

 

それによって、希望通り有給が与えられるのか、事業の正常な妨げになるとして、日にちが変更されるのかが決定されることになります。

 

会社側が時季変更権を使用できる判断基準としては、会社の希望や職場の配置、作業の内容の性質、作業の繁忙時期や閑散時期であるか、代行することができる人がいるかどうか、同じ日に年次有給休暇を申請する人の人数などによります。

 

会社型は、業務の都合が悪ければ、従業員が取りたい日を変更することができるほか、従業員から請求がなければ、会社から労働者に積極的に働きかけて、有給休暇を取らせることは必要ないことになっています。

 

このため、もし派遣先で有給休暇の取得などができないような場合には、自ら派遣元と交渉して、有給休暇の申請やどのような条件で有給が取得できるのか、自分の残日数などについても確認しておくようにするとよいでしょう。

 

有給の基準の一つには、労働条件や、その他、労働日数が

 

フルタイムで6カ月を超えている

 

のか、など通常の労働基準法に即した申請方法になっているので、事前に確認しておくようにしてください。

 

また、退職までに有給休暇を消化する場合には、契約時の内容に、就業規則として、退職の場合には引きつぎをしなければ、退職金が減額される、などの定めがある場合があります。

 

就業規則は、派遣会社の内容に即することになるので、労働者の権利として、就業規則は労働者が希望する場合に、会社側に開示義務があるので、合わせて内容を確認しておくようにするとよいでしょう。

 

 

img

img

img

img

img

img